スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

府中市の不動産をご売却、マイホームの住み替え(買い替え)は、ぜひ不動産売買専門店「わいわいアットホーム」をご利用ください。親切丁寧、あんしん安全、ウソ偽りなし!誠実がウリのわいわいアットホームでございます!

府中市不動産売却(マンション・土地・一戸建て・投資事業用その他)相場情報
Yahoo!ブックマークに登録 | スポンサードリンク | | - |

売却依頼を受けて思ったこと。

先日、売却の件でご相談をいただいていたお客様が、正式に売却依頼をしたいという事でした。

それで、私がすごいなぁって思ったのは、ご自身で建物解体手配、地目変更登記、埋設管の付替え手続き、農地転用手続きなどをしてくれていることです。
通常は、こういったことは一般の方はできないのですが、このお客様はご自身で物件を商品にしております。
素晴しいですね。
今までたくさんのお客様と接してきましたが、こういうことが出来るお客様は初めてです。

当初は、このお客様が慎重なあまり疑われているのかなと感じる事もありましたが、ご信頼をいただけたんでしょう。
売却依頼がどんなに欲しくとも、「うそ」だけは言ってはいけないのは当然です。
だからありのまま本音で説明をさせていただいたのですが、しばらく連絡が全くなかったので、どこかの大手さんにでも依頼したのかと思いました(笑)。
その場合には所有者様が選ばれたのだから、それでいいのですが、私としては自分の信念があるので仕事で嘘はつきたくありません。
後で、気持ちにしこりが残るからです。
信頼第一で仕事をすることが最も大切だし、永年にわたっていい人間関係を築けるというものです。

信頼は一つ一つ小さな積み重ねです。
それが積もって大きな信頼という山が出来上がります。
しかし、信頼を崩すことは簡単です。
今の三菱自動車がそうですよね。

みなさんに一つ知っておいてほしい事があります。
どの業界もそうですが、不動産業界も大手だからと言って不正がないかと言うと「そんなことはない。」というのが答えです。
それは、会社の方針がそうなっているからではなく、売上を上げなくては、会社の倒産、社員である本人の給料の減額等が現実の評価としてあるからなのです。

(指示系統)
取締役・・・部下に売上を上げるよう指示
管理職・・・部下に売上を上げるよう指示。上司に報告
一般社員・・・売上を上げるため必死。上司に報告

(給料)
取締役・・・会社の売上により次期の給料が変わる。
管理職・・・自分の部下の売上、ノルマ達成率により給料が変わる。
一般社員・・・自分の売上、ノルマ達成率により給料が変わる。

ここで重要なのは立場です。
(立場)
取締役・・・雇用する立場。仕事場を提供する立場。
管理職・・・雇用されている立場。上司の指示をきき、部下に仕事をさせる立場。
一般社員・・・雇用されている立場。指示をきく立場。

雇用されている立場が一番弱いのです。
売上を上げるため、仕事を取るために、現場ではウソを言って仕事を取らなければならないことがあるのです。
ここに人としてのモラルが関わってくるのですが、綺麗ごとだけではすまないことがあるのがつらいところです。

私はそれが嫌だったので、起業しましたが、本当に起業して良かったと思います。
自分の信念を通して仕事ができるって、なかなかできることではありません。

たくさんの皆さんが信頼をして下さり、そして仕事をいただける。
これほどありがたいことはありません。
やっぱり感謝です。
JUGEMテーマ:不動産 売買

府中の不動産屋さんはコチラ!

府中市の不動産をご売却、マイホームの住み替え(買い替え)は、ぜひ不動産売買専門店「わいわいアットホーム」をご利用ください。親切丁寧、あんしん安全、ウソ偽りなし!誠実がウリのわいわいアットホームでございます!

府中市不動産売却(マンション・土地・一戸建て・投資事業用その他)相場情報
Yahoo!ブックマークに登録 | わいわいアットホーム(不動産売却仲介専門) | 16:26 | comments(0) |

騙されると思っているのかもしれない。

自宅の売却相談を電話で受けました。
「テレビに出た人ですか?」って言われたのでそうですよってお答えしました。
すると、いろいろとお話しをしてくれました。

既に大手には売却活動を頼んだようですが、売れないようです。
この場合理由がありますが、結局のところ、需要側と供給側の条件が合わないのです。
これ以外に結論がありません。

では、需要側(買主様)と供給側(売主様)の条件が合わないというのは、どうしてなんでしょうか。
そこが大きなポイントになるのですが、私自身現地を見ていないのにお答えができません。
だいたいのことはお話しできますが、確定に近いことは言えないのです。
理由は、世界に同じ不動産が一つしてないからです。
これを理解してくれない所有者様だと話が折れることになります(笑)。

売主様には、強い思い入れがあります。
それは思い出ですが、過ぎ去った時が美化され、それが付加されて、実際よりも高く評価する傾向があります。
特にご年配の方に多いように感じます。

気持ちはわかるし、当然のことでしょう。
しかし、そのような思い出は買主からすると関係がないのです。
冷たいようですが、それが客観的事実なのです。
これからそこに住もうとする買主様にも想いがあるのです。
その世界に売主様の想いを挟もうとするのはムリというものです。

【参考】話しは変わりますが、
弊社に営業をしに来る様々な業者がおりますが、会う前に電話で言っていたことと、来店されてから言う事がかなり違う営業マンもいます。ようはまず会いたいのです。直接会ってから営業を仕掛けるわけですが、私の場合そういう営業マンの話しをちゃんと聞いて、こちらからも質問をして、納得、共感ができない場合には最終的にはお断りしています。
しかしね、私に営業をかけても時間の無駄だとわからないのかと思うこともたくさんあります。
今日は、そういう営業マンがちょうど来たので手短にお帰りいただきました(笑)。

=ここまで=

これから売ろうと考えている方も同じです。上記の文章でいえば、私自身が売主様の立場になります。
まずは、お話しを聞くという心の扉を開いても損はないと思います(笑)。
逆に、そういったゆとりのある気持ちを持っていないと盲目的になってしまい、業者の思うつぼになることもあります。

売却を成功させるには、売主様の気持ちが理解できる担当者に出会い、そして相談をし、売主様の気持ちを尊重しつつも客観的な意見も明確に答えてくれるような営業マンでないと、納得のできる売却は実現が難しいでしょう。
JUGEMテーマ:不動産 売買

府中の不動産屋さんはコチラ!
 

府中市の不動産をご売却、マイホームの住み替え(買い替え)は、ぜひ不動産売買専門店「わいわいアットホーム」をご利用ください。親切丁寧、あんしん安全、ウソ偽りなし!誠実がウリのわいわいアットホームでございます!

府中市不動産売却(マンション・土地・一戸建て・投資事業用その他)相場情報
Yahoo!ブックマークに登録 | わいわいアットホーム(不動産売却仲介専門) | 16:33 | comments(0) |

売却依頼いただけそうな感じ。

売却相談をしたいということで、お伺いしたT様宅。
紹介ということもあったのですが、T様、大変細かい様子。
で、いろんなお話しをしたのですが、とりあえずお願いするかしないか検討するということになりました。
その後1ヶ月近く連絡が無いので、どうされたかなぁと思い連絡を入れてみました。

すると、その1週間後くらいに連絡がありました。
とりあえず、数社に相談したけれど、御社に専任媒介でお願いする方向で考えています。
今の状況がこうなのでまた連絡します。という事でした。

相談当日は2時間くらいご説明をさせていただいたのですが、机上の空論をいくら話をしても仕方がないことがあります。
それは、売却後の手取り額です。
これについては、だいたいの目安を知っておく必要は絶対にあります。
しかし、明確に知ることは不可能です。
なぜなら、いくらで売れるという確約がないからです。
だからこその概算金額ということになります。

で、私はいつも思います。
信頼関係が絶対に不可欠な不動産売買です。私の人となりがわからないのですから、依頼などできるわけがありません。
看板の信用で営業する大手の営業マンと、人の信用で営業をする私とでは、当然意味が異なります。

私の場合、不動産のメンター(良き相談相手)として一生のかかわりを前提として仕事をこなします。
大手営業マンは、引渡しが終わるまでの前提として仕事をこなします。

私にとっても、皆様の人生にとっても、大きく違う結果になるのは言うまでもありません。
経験が豊富である人ほど、私が言いたいことがわかるのではないでしょうか。

まずは、とにかく相談からです。
信頼できないと値したら依頼をしない。
これだけですよね(笑)。
私だって、話しを聞いてダメだこりゃって思ったら絶対まかせませんからね(笑)。
そこはお互い様ですよね。
JUGEMテーマ:不動産 売買

府中の不動産屋さんはコチラ!

府中市の不動産をご売却、マイホームの住み替え(買い替え)は、ぜひ不動産売買専門店「わいわいアットホーム」をご利用ください。親切丁寧、あんしん安全、ウソ偽りなし!誠実がウリのわいわいアットホームでございます!

府中市不動産売却(マンション・土地・一戸建て・投資事業用その他)相場情報
Yahoo!ブックマークに登録 | わいわいアットホーム(不動産売却仲介専門) | 11:19 | comments(0) |

売却活動依頼の前に、、、。

弊社では、いろんな案件をさせていただいております。
最近ではご紹介が多いので、大変ありがたいことです。
ご紹介が多いとうれしいのはなんでかというと、最初から弊社のことを信頼して下さっているので、最後まで一貫したお仕事をさせていただくことが出来るからです。

考えても見れば、高い不動産の売却を任せるわけですから、信頼できない人に任せることはできません。
だからこそ、多くの人は、まずは大手!ということになるのです。

本日は先日売却を検討している方に連絡(2回目)をさせてもらったのですが、こんなことを言われました。
「大手さんの担当者が●●●●万円で売れると言ってくれた。」
「とてもいい人だから気に入っている。」
「売りに出したら、すぐに価格を下げるように言われた。」
「とてもいい人みたいだから気に入っている。」
「だけど、売れないので売却をやめてしまった。(数か月前の模様)」
「あなた(つまり、わたしのこと)は、この地域の事知っているの?」
「遠いし相場わからないでしょ。任せられないよ。」

はい。当たっているようで当たっていないような。

さて、ここで疑問なのですが、なんで売れなかったのでしょうか。
それは、最初の入り口で営業マンが、いい笑顔で、うちは大手ですから、信頼できますよ、という顔をしながら、嘘をついているのです。
私が見る限りとても良い土地なので、正直査定だったら売れないわけありません。
絶対売れないことはありません。
どちらかというと即契約になりそうな土地ですから。

つまり、その大手の営業マンは、
売却の委任をとりあえず受けたい⇒給料に影響するから。
依頼を受けるには⇒大手の看板で安心感演出。高く売れることを演出。
結果ではなく、とりあえず見え方が重要なんです。

ある営業マンが教えてくれました。
おれたちは、高く売ることが仕事ではない。
安く買ってもらうことが仕事ではない。
取引を成立させて、売上を上げることこそ仕事。
・・・こういう事なわけです。
これだけです。もちろん半分は当たりです。でも、半分はハズレだと私は考えています。
取引終わったら、後はさいならです。

本音はこういうこと。
媒介契約の受託数が給料に影響するから、とにかく受託したい。
売れる売れないは二の次、まずはとにかく受託。その後、売れなければうまい事言って価格を下げればいい。
買い替えの人なら、業者買取に持っていきやすい。両手にしやすい。
単純売却でも土地が大きければ、業者買取に持っていきやすい。両手にしやすい。
他社からの紹介はうまい事言って断ってしまえばいい。うまく立ち回れば売主様にはばれない。
なんてことが本音だったりします。

今でもいるんですよ、こんなことしている不動産屋さん。
会社というよりは、担当者がここに書いた理由の為にせざるを得ないというのが、昔も今も変わらない現状ですけど。
会社は大きいですが、担当者は一匹狼の世界ですから、大手の担当者も中小の担当者も実際のところは、己の腕一本で食べているのです。

大手でサラリーマンをするメリットは、企業イメージが営業マンを助けてくれることです。

大手ではない私なんかは、企業イメージはありません。
だからこそお客様に対し、心から親身に対応し、本当に結果を出すことに注力するのです。
そう、売主様が本当に喜ぶための結果を出すという事なのです。


今日は、またあらためて、お客様から良いお話が聞けました。
大手と私。
何が違うのか、また鮮明になりました。
JUGEMテーマ:不動産 売買

府中の不動産屋さんはコチラ!

府中市の不動産をご売却、マイホームの住み替え(買い替え)は、ぜひ不動産売買専門店「わいわいアットホーム」をご利用ください。親切丁寧、あんしん安全、ウソ偽りなし!誠実がウリのわいわいアットホームでございます!

府中市不動産売却(マンション・土地・一戸建て・投資事業用その他)相場情報
Yahoo!ブックマークに登録 | わいわいアットホーム(不動産売却仲介専門) | 19:19 | comments(0) |

売却依頼も購入相談も増えてきましたぁ

ここのところ、なぜか売却依頼が増えてきました。
もちろん、購入相談もです。
ありがたいことです。
そこで、なんで売却の相談が増えてきたのか、私なりに分析をしてみました。

すると、、、。

なるほど。
そういうことだったのか。
ということがわかりました。

単純に、ご相談者に聞いてみただけなんですけどね(笑)。

やはり正直が一番。誠意ある人が一番です。
昨年も、4月に入ってから一気に忙しくなりました。

なんでだろ。
そうなんです。
これは理由があるんです。
たぶん、普通の営業マンたちと反対の考えで営業活動をしているからだと思います(笑)。
つまり・・・・・・。

以上(笑)。
JUGEMテーマ:不動産 売買

府中市の不動産をご売却、マイホームの住み替え(買い替え)は、ぜひ不動産売買専門店「わいわいアットホーム」をご利用ください。親切丁寧、あんしん安全、ウソ偽りなし!誠実がウリのわいわいアットホームでございます!

府中市不動産売却(マンション・土地・一戸建て・投資事業用その他)相場情報
Yahoo!ブックマークに登録 | わいわいアットホーム(不動産売却仲介専門) | 19:51 | comments(0) |

先日のお話しはうそだったのだろうか。

先日、弊社のお客様(購入)で条件がぴったりの土地がありました。
ただし、そこは接道要件が満たしていなかったので、新築できない土地でした。
そこで、大手さんが物元(売主様より依頼を受けている業者のこと)だったので、その担当者に連絡をしました。

土地はちょっと大きめだったので、半分ほしいお客様がいます。
私:「半分だけ売ってほしいんですが、ここって再建築ができませんよね。」
担当者:「ここは現状、再建築はできません。」
私:「何か方法がないのでしょうか。但書き申請や、隣地の覚書などでできませんか」
担当者:「できないんですよ。」
私:「じゃぁ、建物が本当にたてられないんですか?」
担当者:「そうなんですよ。手はありません。」
私:「わかりました。色々な手続きを考慮して、それでも建築が無理なら仕方がないですね。丁寧にご説明ありがとうございました。」

そして数カ月後、その土地を建売業者が購入し建築を始めました。もちろん2棟(つまり2区画にして)です。
先日、私とお話しをした大手業者(同担当者)が専任媒介にて売り出しています。
あれ?
おかしいですよね。
弊社のお客様が半分ほしいと言っていました。
ちゃんと伝えましたよ。

あの時担当者は、どんな方法でも新築できないって言っていました。
弊社のお客様だって損失ですが、これ、売主様にとっても損失では?
だって、半分エンド顧客・半分業者買取りのほうが総額で高く売ることができるんです。
もちろん、事情を知っている売主様がそのように希望しているならいいんです。でも、報告していたら、今のように建売業者に全部を売ることはなかったと思うのです。=より高く売れたろうに、、、。

いずれにしても、あ〜ぁ。です。
やっぱり、囲い込みは表向き無くなった感が出てきているけれど、実際のところはそうではないように感じる。
沢山の業者が言っていますね。

残念な、売主様です。

PS.翌日、市役所へ行き、道路種別と建築確認申請を確認すると、たしかに法定外通路の為、但し書き申請でないと建てられない状況のようです。
ココまでは大手の担当者は正しい説明をしています。
しかし、すでに古家の解体が済み、建築確認も取れています。
ところが証明する書類がないそうなので、タイムラグにより担当部署まで書類が回ってきていないという事になります。
私が問い合わせたのはそんなに前のことではありませんので、私が問合せを出した時期には、建築できる見通しがあったと考えるのが自然のことです。(それに停止条件付での売買契約もできたはずです。)

なぜ、大手さんの担当者は、「建築できないんですよ。」と言い切ったのか。
「建築するための手続きをしている最中なんですよ。」という言葉がなかったのか。
それが残念でなりません。
プラス思考で考えなければやっていられませんので、売主様と仲介業者の間で何か話があったのかもしれませんが、そうでなければ・・・。信義則に反すると思います。
真実は闇の中です。
これは嘘だったのでしょうか。それとも、、、。
それは皆さまの判断かもしれません。
売却を検討する方は、業者選びに気を付けてもらいたいと思います。
 
JUGEMテーマ:不動産 売買

府中の不動産屋さんはコチラ!

府中市の不動産をご売却、マイホームの住み替え(買い替え)は、ぜひ不動産売買専門店「わいわいアットホーム」をご利用ください。親切丁寧、あんしん安全、ウソ偽りなし!誠実がウリのわいわいアットホームでございます!

府中市不動産売却(マンション・土地・一戸建て・投資事業用その他)相場情報
Yahoo!ブックマークに登録 | わいわいアットホーム(不動産売却仲介専門) | 13:58 | comments(0) |

知らないって損します。

不動産を購入する方が、価格交渉をしてくるのは今や日常茶飯事です。
売主様はできればより高く売りたいと思うのが普通ですから、価格交渉の時に、自分に有利に動いてくれる不動産屋さんを選ぶべきですが、営業マンの本質を知らず、損をしている人も多いのです。

先日、伺った相談者の方にわかりやすい説明をしました。
値引き交渉が入った時に、不動産屋さんがどのように価格交渉に対して対応するのかというお話しです。

すると、、、、。
「まさかぁ。そんなことないよね。そんなことしたら不動産屋さんだってその分損するでしょ、、、。ありえないよぉ、、、。」

これだけだと何のことだかわからないかとは思いますが、我々不動産屋さんの損失は、売主様から見たら概ね100分の3なのです。
つまり、売主様に損させて、自分とこの損失が100分の3であろうと、早く売上を確定させてしまう方が勝ちなのです。その浮いた時間、期間を利用して、さらにもう1件多く契約をした方が営業マンにとってもメリットがあるのです。

さてさて、先日の相談者さん、他の業者さんも検討されるような雰囲気ですが、どうなることやら。
私は、不動産のお仕事は人間関係・信頼関係が基礎となると思っていますので、ご信頼をいただけないようであれば、売却依頼を受けなくてよいと考えています。

お客様から見ると契約するまでは費用は一切かかりません。しかし、こちらからすると、売却活動をするために、調査、書類のまとめなど、かなりの時間と労力を費やしています。
もちろん、それをしなければ売却活動はできませんので、愚痴を言うつもりもないのですが、そういった目に見えていない部分のことを考えずに、説明の途中で「伏線を張りだしたよぉ。」とか言ってほしくないのです。
私としては、いろいろな角度から可能性をわかりやすく説明をしているつもりです。

購入する人が私であれば買う金額は100%正確に呈示できますが、査定段階では購入する人が第3者を想定しているため、推定価格となります。それをよくよく考えれば、「伏線を張りだした」なんて言葉は出るわけないのです。
おそらく、その方の経験則が邪魔をするのでしょう、、、。損ですよね、、、。

ですから、信頼をいただけない方のお仕事は致しません。
私からすると、信頼をいただいたからこそ、より好条件で取引をさせていただこうと努力をするのです。

こういう売主様の場合、最初に失敗をしているのです。
不動産屋さんを心象的に疑い、敵にしてしまっているのです。
こんな事言われたら、誰も一生懸命やりません。

だから、そんな人(損な人)にはアドバイス。
うちではなく、確率論・広域営業を得意とする大手に売却依頼をしてください。
うちと大手(会社よりも、直接対応する営業マンの性格、対応、考え)は全く異なりますので、結果も異なってくると思います。

地域に根を張る業者のスキルは高いのです。
自分で責任を持って、しっかり対応をするという自負くらいは、サラリーマンより高いと思っています。

だからいつもお話しをすることは、
ご相談をされても、私を信頼できない場合には、売却依頼を出して頂かなくてよいですよ、と。

それこそが、お客様本位の仕事ができる原点だと考えています。
自社利益ばかりを考え、どんなことでもやりますというスタイルではありません。
信頼関係のない仕事をすることは、トータルで見るとストレスばかりで良い仕事はできませんから。
JUGEMテーマ:不動産 売買

府中の不動産屋さんはコチラ!

府中市の不動産をご売却、マイホームの住み替え(買い替え)は、ぜひ不動産売買専門店「わいわいアットホーム」をご利用ください。親切丁寧、あんしん安全、ウソ偽りなし!誠実がウリのわいわいアットホームでございます!

府中市不動産売却(マンション・土地・一戸建て・投資事業用その他)相場情報
Yahoo!ブックマークに登録 | わいわいアットホーム(不動産売却仲介専門) | 12:55 | comments(0) |

ホントにうちのマンション売れるの?って質問

たまにですが、築年数が古くて、室内もすごく汚れがあるという物件(マンション)を相続で取得した所有者様がいらっしゃいます。

で、質問は、「できるだけ高く売れるとうれしいけど、売れるのかしら?」です。

その答えですが、
「必ず売れますし、できる限り高く売ってみせます。」
というふうに答えています。

そして、それに応えられるような対応をしていきます。

では、なぜ高く売れるのか?なのですが、他社営業マンには聞かれたくないこともあるので書きません(笑)。
高く売るには、営業マンの性格も重要です。
会社の規模は全く関係ありません。
ゆえに、大手仲介会社の方が高く売れると思っているあなた!
それは、間違いですよ。

間違いの理由は沢山ありますが、それは、お会いしたときにお話しをしています。

マンションには固有の相場帯があるのですが、3か月前にこのくらいの価格で売れてるからといって、その時より高く売れないのかと言ったらそんなことは絶対にないのです。

弊社では、客観的なデータに基づいてしっかりと査定をさせていただいておりますので、納得されないお客様は今まで一人もおりません。
そして、その査定書に表示された査定価格をもとに、金額を決めるのは所有者様です。
ですから、安心できるのです。

査定書(査定金額)は曲者です。
査定書(査定金額)は、営業マンが意図的に高くしたり安くしたりすることが出来ます。
だから、だまされたとか言うお話しがでてくるのでしょう。

大手が高く売れるというのは幻想です。
なぜなら、仕事しているのは給料をもらって働いているただのサラリーマンです。
ノルマがクリアできないと減給されてしまう立場の営業職です。
大組織は数字(結果)こそがものをいう場所です。
だから、困るのです。
だから、売主様は気を付けた方が良いのです。

ということで、まずは、銀行系不動産仲介会社出身の「わいわいアットホーム」にご相談くださいね(笑)。
いつも、表裏隠さず本音対応をしていますから安心です。
話しを聞いて不信感があったら、売却の依頼をしなければいいんですから。
簡単ですよね♪
JUGEMテーマ:不動産 売買

府中市の不動産をご売却、マイホームの住み替え(買い替え)は、ぜひ不動産売買専門店「わいわいアットホーム」をご利用ください。親切丁寧、あんしん安全、ウソ偽りなし!誠実がウリのわいわいアットホームでございます!

府中市不動産売却(マンション・土地・一戸建て・投資事業用その他)相場情報
Yahoo!ブックマークに登録 | わいわいアットホーム(不動産売却仲介専門) | 09:53 | comments(0) |

釣りに例えるとわかりやすい。

魚釣りする人はわかると思うんですけど、
小魚は岸の近くにいます。だから、手竿で充分です。
中くらいの魚は投げ釣りになります。遠くに投げないといけない。
大きな魚は、沖の方にいます。船にならないといけない。

これと同じで、その海域にいる魚はある程度大きさ、種類が決まっているのです。
魚によっては、岸近くに大きめの魚がいますが、それは、その周辺に集まっている小魚を食べるためです。

これって、不動産取引にも似ています。
小さい魚(買主)がいるところに大きな餌(価格の高い物件)があっても食べられない(買えない)のです。
逆に、大きな魚(買主)がいるところに大きな餌(価格の高い物件)があればおなかが減っていれば食べる(買う)のです。

これが地域性です。
例えば港区と府中市では、魚の大きさが違います。
つまり、相場も違うということになります。
長年にわたって、大きな餌を23区に集めたため、それを食べられる魚が自然と時間をかけて集まったのです。
その結果、小さな餌が無くなってしまったのです。
多摩地区もそうです。
餌があまりに大きいとお魚さんたちは食べたくないのです。
そのように地域の発展と絡めて、時間がそのようにさせたのです。

そう考えると、地域に合わせて餌の大きさを考えることになります。

その結果、相場が出来上がっているし、買える人のニーズも街の規模とかによって、だいぶ違ってくるんだと思います。
でも、全てがあてはまるわけではありません。
時には、岸に近いところに超大型魚が来ることもあります。
その場合、生け捕りにしちゃいますけど(笑)。

釣りと不動産は結構似ていますので、わからないときは想像してみて下さい。
いろんな戦略が練れますよ(笑)。
JUGEMテーマ:不動産 売買

府中の不動産屋さんはコチラ!

府中市の不動産をご売却、マイホームの住み替え(買い替え)は、ぜひ不動産売買専門店「わいわいアットホーム」をご利用ください。親切丁寧、あんしん安全、ウソ偽りなし!誠実がウリのわいわいアットホームでございます!

府中市不動産売却(マンション・土地・一戸建て・投資事業用その他)相場情報
Yahoo!ブックマークに登録 | わいわいアットホーム(不動産売却仲介専門) | 14:52 | comments(0) |

売れないよね。その売却では

ある方が、自宅を売るそうで、大手さんにお任せしたそうです。
そこに3ヶ月やってもらって、売れなかったら弊社に全ての不動産売却を任せていただけるとのこと。

で、その大手さんがどのような活動をしているのかというと、レインズには掲載せず、自社の顧客に持ちまわっているだけ。
で、その売却額は1億数千万円。
土地の相場からすると、どうしてそのような数字になったのかは理解ができないのですが、それで売れるような説明を受けたそうです。

で、私は断言しますが、絶対に売れません。
売れるわけないのです。
買う方々がどのように物件を探しているのでしょうか。
それこそ、地域相場を自分なりに研究しているのではないでしょうか。
相場から比較して1.5倍だったらこれはまず売れないし、相場の2倍だったらどう転んでも売れないでしょう。

そんなに売却委任を取ることが大切なのだろうか。
そんな意味のないことなんでするだろう。
やはり担当者の媒介契約数のノルマがあるためであろう。

ハッキリ言って、そんなつまらんことで売主様に署名押印をもらうってどうかしている。
売主様の為には絶対にならない。
もちろん、庭木等の価値を踏まえるとある程度の金額になるのだろうけど、それこそ嗜好品の延長に過ぎないのです。
であれば、造園屋さんに別途買い取ってもらって、庭になんにもない中古戸建として売却した方がよっぽどいいのです。
だって、庭木も立派になると、それだけで手入れの費用が発生するのです。
お金(維持費)をかけてこそ価値ある物となるのですから。

さて、すでに1ヶ月が過ぎようとしていますが、あと2か月。ちょうど、春真っ盛りで温かくなったころに売却の委任を受けることになると思うのですが、良い季節にドライブができるというのもいいものです。
調査も家族で行って、帰りにおいしいものや温泉にでも浸かってきたいなって思います(笑)。

これぞ、起業したからこそできる醍醐味だったりするかもしれません(笑)。
JUGEMテーマ:不動産 売買

府中の不動産屋さんはコチラ!

府中市の不動産をご売却、マイホームの住み替え(買い替え)は、ぜひ不動産売買専門店「わいわいアットホーム」をご利用ください。親切丁寧、あんしん安全、ウソ偽りなし!誠実がウリのわいわいアットホームでございます!

府中市不動産売却(マンション・土地・一戸建て・投資事業用その他)相場情報
Yahoo!ブックマークに登録 | わいわいアットホーム(不動産売却仲介専門) | 11:06 | comments(0) |
<<back|<123456>|next>>
▲ このページの先頭へ戻る